8つの数字で人間関係のモヤモヤ解決!保育士兼潜在数秘術鑑定大屋るみのブログ

潜在数秘術セッショニストとしての活動や日々のことを綴ります

ファミリーサポートを利用するときの2つのポイント

1…かなり早い段階から細かい条件や希望を出しておくこと。

2…万一サポートが受けられない時は別の方法も考えておくこと


幼稚園や保育園、学校のお迎え、
習い事の送迎、通院や用事での預かり。等に助けとなるファミリーサポートですが、

とにかく

サービスを受けられるまでに時間がかかります。

早めに手配しておこうと
師範の保育園決定のメドがついた
10月下旬に地元のファミリーサポートセンターに電話をしました。

サービスをお願いするのは師範ではなく、社長の習い事の送迎についてです。

するとまずは活動の趣旨や詳細の明記されたパンフレットを送ります。
それに納得いただける方のみ申請してくださいとのこと。

数日後、パンフレットが届いたので
内容確認しました。依頼したいです。と相談すると、

依頼開始時期(復帰時期)が決まってからご連絡下さいと言われて再度出直しです。

その後、師範が正式に保育園に通うことが決まったのでそのことを伝えると
「依頼内容に合いそうな方を探します。」ということで一旦話は終了。

パンフレットにも返事までには1.2週間かかる、
条件に合わないと紹介できないこともある。

と、書かれていたのでのんびり待っていたら

三日ぐらいで電話がかかってきました。

お!早い!いよいよ顔合わせか!?

と、思ったら


「希望条件の確認です」




あれれ?
それは前に話しましたよね?

しかも前回聞かれなかった
「いつまで依頼されますか?」という期間の確認まで。

でもそれは実際に復帰してみないことにはなんともわかりません。

そう告げると
今ファミリーサポートの活動をして下さる方がかなり少なくて、ご紹介が難しいかもしれません。

と急に弱気発言に。

いやいやいや、無理なら「人が足りてなくて無理です。残念ですが条件に合う方がいないので他をあたってください」と

はじめからキッパリ言ってくれた方がいいのですが。

こちらも前回希望条件は話しているのにまたはじめから確認は困る。

てっきりどなたか見つかったという連絡だと思ったので正直がっかりしている。←顔合わせや慣らしは平日のみ対応なので、こちらも基本的に年内しか時間が取れないのです。

と伝えると謝罪の言葉は出ましたが、何だかもやるなあ。

ファミリーサポートのサービスは

自治体によって異なるため、
こんな残念な対応は我が家近辺だけかもですが、

ちょっと心配になってきてしまいました。

やりとりが全部電話で時間がかかりすぎる!!

仮登録だけでもメールでサクッと申し込み。とかあればいいんですけどね。

ミスマッチを防ぐためという観点なのかも知れませんけど、

一ヶ月経っても何も進展がないことに愕然。

我が家の辺り、待機児童が多い割に育児サポートは充実とはほど遠いのです。
なのになぜか人口だけは増えているというナゾ…

この記事の通り、
習い事の送迎は母に頼めそうな方向なのですが、

母だって体調を崩して助っ人になれない時だってあるだろうし、

習い事とは別の日にもう一件送迎してもらいたい場所があるのです。

時間的に迎えは私で間に合うのですが、
社長が学校から目的地へ直行ができない。と言うので(自宅から目的地は徒歩2.3分なのですが)。

現状ではあまりファミサポさんを紹介してもらえそうな雰囲気ではないので、

他の方法を考えるか(実家は近くないので往復の手間や交通費を考えるともう一日母に来てもらうのはほぼ不可)、

社長に来年から目的地まで直行してもらえるよう鍛えるか(はじめは離れて尾行)。

社長秘書、最善の方法を考える日々です。



潜在数秘術鑑定12月のスケジュールは
こちら


イラストも描いてます。

ちょっとしたカットイラストなども
対応いたします。

イラスト作成については
こちら


潜在数秘術、イラストとも
お申込み、お問い合わせは

こちら

もしくは
r.oya08.84313@gmail.com

までお気軽にどうぞ!



にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 保活・待機児童へ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 数秘術・カバラ数秘術へ



#千日発信修行
#発信オリンピック
#398/1000
#ファミリーサポート
#マッチング
#時間がかかりすぎる
#他の自治体はどうなのか
#紹介不可の場合に備えて他の方法も考えるべし